Yui Shizuoka

おすすめ情報 news

2021.12.27
農家さん

地域の土を大切に個性豊かなサツマイモを育てるとつか芋のうえん

とつか芋のうえんが育てる3つの個性豊かなサツマイモ





 

とつか芋のうえんは「紅高系(品種名の金時や高系14号と呼ばれることもある)」、「べにはるか」、「からゆたか」の3品種のサツマイモを栽培しています。その理由は、それぞれにユニークな特徴があるからなんです。

 

歴史を刻むほくほく系の「紅高系」





昭和30年頃から浜松で栽培されている「紅高系」は、食感はほくほくで水分量が少なく、すっきりした味わい!収穫した後に倉庫の中で寝かせてもほくほく感が残るそうです。
 

甘くてとろとろスイーツ好きのための「べにはるか」



サツマイモスイーツ好き、焼き芋好きフリークにはたまらない!とにかく甘くてとろとろの「べにはるか」。収穫後すぐは、甘みがなくほくほくしていますが、倉庫で寝かせるうちに、どんどん甘くなっていくそうです。



あっさりでサツマイモが苦手な人でもおいしい「からゆたか」




芋くささが少なく、あっさりしていて食べやすい「からゆたか」は、サツマイモが苦手な人もおいしく食べられます。サツマイモにしてはめずらしく収穫した瞬間から、甘くてほくほくです。

おもしろいことに、倉庫で寝かせるとねっとりした食感に変化するので、食べる時期によっても印象が変わるおもしろい品種です。焼き芋、天ぷらはもちろん、ポテトサラダにしても合うそうです。



 

「からゆたか」という新しいサツマイモとアイスクリーム



今回、お話を聞いた株式会社とつか芋のうえんは、3年ほど前から新しい品種の「からゆたか」の栽培をはじめました。はじめは作り方がわからず苦労したそうですが、試行錯誤を重ねて、今ではおいしく元気な状態で、たくさん収穫することができるようになりました。

「からゆたか」は、芋くささが少なくあっさり、すっきりとした味わいの品種で、表面のゴツゴツも少なく、見た目もさらっときれい!

Yui support株式会社が、とつか芋のうえんの「からゆたか」で作ったアイスクリームを「今まで食べたことがないサツマイモアイス。食べた瞬間甘さがジュワーっとして、後味も芋くささがない」と聞きました。

その話を聞いて無性に食べてみたくなったので、邪道ながら蒸した「からゆたか」をマッシュして、バニラアイスと混ぜて食べてみました。これがとてもおいしい!つぶすとなめらかで、甘みが強すぎず、お話の通り芋の強い香りが少ないのでさらっと食べられました。子どもにも大好評でした。



 

浜松市では古くから沿岸でサツマイモ栽培が盛ん





少しだけ、静岡県浜松市とサツマイモの関わりと、とつか芋のうえんが大切にしている土づくりについても触れます。

浜松市では、土の温度が高い沿岸沿い砂地で古くから栽培されています。ほかの地域では、9月頃から収穫をはじめることが多いですが、浜松の沿岸部では7月~8月の早い時期から収穫をはじめます。浜松は、早い時期から新サツマイモが食べられる地域ということです。

とつか芋のうえんさんがある松島町をはじめ、江之島町、西島町、福島町、旧鶴島町(現松島町)の5つの島「五島」地区でサツマイモが作られています。その中でも、天竜川に近い松島町の土は粒子が細かく水持ちもいいのでサツマイモが作りやすいそうです。


 

とつか芋のうえんが大切にしている土づくり







お話を聞いたとつか芋のうえんの戸塚敬太さんと榎本賢一さんは、「サツマイモが育ちやすいように育ってほしいので、サツマイモが生長するために必要な養分だけ足して、大量の肥料成分を入れないようにしています。そうすることで、サツマイモを収穫する時に土の中の肥料成分を使い切れるようにしています」と話します。

1年に1回は、必ずプラソイラという機械で土の中60〜80㎝くらい深く耕し、酸素も入れてふかふかにして、土の中の成分や微生物などを調整しています。

「べにはるか」は浜名湖ファームの鶏ふん堆肥のみを入れ、化学農薬を使用せずに栽培しています。使う肥料や入れるタイミング、入れ方など農業をはじめてから9年間試行錯誤を続け、地域にとってもよりよい選択をし続けるために技術を磨いています。



 

子育てのヒントにも。「あれがない」より「あれもある」






農業は自然と自分自身との戦いで、「現状を把握」して、「今何ができるか考え計画を立て」、「実行する」ことに意味があると話す戸塚さんに農業の楽しさについて聞きました。

「農業をやる中で、『あれがない!これもない!』と思うよりも、『あれがある!これもある!』と考え、あるものでなんとか工夫して解決できた時がとても楽しいです。」

この考え方は、農業だけでなく子育てにもとても参考になりそうです。




◆プロフィール
農園名:株式会社とつか芋のうえん
住所:430-0834静岡県浜松市南区松島町615
電話番号:090-2922-1282




 

こちらの記事もおすすめ!

画像
2021.05.28
農家さん

日本一の新玉ねぎが浜松で栽培!?  やまたつファーム

浜松市篠原で、日本一の新玉ねぎを栽培しているやまたつファームさんに取材に行ってきました。 「日本一」の理由は、出荷の時期。日本のどこよりも早く、 ...

画像
2021.03.04
農家さん

浜北次郎柿発祥の地 足立農園様

「毎年クオリティの高いものを提供したい」そんな熱い想いをもつ足立農園さん。足立農園さんの栽培している果物は東京などでも大人気!!その秘密はこちらをご覧ください歯...

画像
2021.02.06
農家さん

生でも食べられるプチ小松菜がイチオシ!森島農園

静岡県浜松市東区で日々様々な工夫で新鮮野菜をお届けしている株式会社 森島農園さんに取材に行って参りました。小松菜を小さく育てて生でも食べられるような品種を作ろう!と...

画像
2020.12.28
農家さん

「命のカプセル」うずらの卵で人も土も元気にする!浜名湖ファーム

静岡県湖西市で自然食と無投薬で育てられたうずらの卵を生産している浜名湖ファームさんへ取材に行ってきました。実際に、たくさんのうずら達とも触れ合ってきましたよ。 ...

画像
2020.12.24
農家さん

大きくて肉厚ぷりっぷり!こだわりのきくらげ栽培 有限会社静岡ラボ

湖西市白須賀で安心安全の国産無農薬きくらげを栽培している有限会社静岡ラボさんに取材に行ってきました。実際に、栽培しているところを見せていただきながら、営業部...

画像
2020.10.09
農家さん

無農薬のお米を子ども達に!人も自然も豊かにする日月喜農園

人にも、自然にも一番優しい無農薬・無化学肥料で作られた食べ物。実際に無農薬のお米を作られている日月喜(ひつき)農園さんに取材に行ってきました。今回は、先代のお父...

画像
2020.10.06
農家さん

肉厚・無農薬のしいたけ農家をスタート!ラフタぷらす就労継続支援A型事業所

浜松市西区舞阪町にあるしいたけ農家・ラフタぷらすさんに取材に行ってきました。就労継続支援A型事業所でもあるラフタぷらすさんを支える森下勝美社長、奥様の起業ストー...

画像
2020.03.11
農家さん

「ひらまつさんちの元気が出る野菜!」耕青ファームの熱い思い。

Maman取材メンバー、次廣です。今回は、浜松市西区大久保町にある「耕青ファーム」さんにお邪魔させていただきました♪こちらでは、チンゲン菜・ほうれん草に加えて、スティックセニョール...

画像
2019.11.22
農家さん

ヤママツ鈴木農園・鈴木成典さん~”記憶に残る野菜”を作るプロフェッショナル ~

ーーー「例えば、レストランとかに行って。    今日何食べたか?    家に帰って、    『あれ美味しかったね』    って言われるような、    記憶に残る野菜を作りたい」ーー...

画像
2019.11.19
農家さん

愛情たっぷりの玉ねぎ  山下農園

地元「浜松」を愛する玉ねぎ農家さんを発見!Maman取材メンバー 大場です!秋が深まり、冬に移る気配を感じる11月中旬、浜松市西区にある “山下農園” さんへ行...

画像
2019.11.13
農家さん

ささ農園・佐々和弘さん~美味しさギュッと詰まったミカン!、失敗を恐れず流れを見定めていく~

ーーー親から受け継いだもの、   自分の代ではなくせない。   お金を稼ぐのは楽しい、   不動産の方が儲かる。   けれど、儲からなくても、   ミカンを作っている方が楽...

画像
2019.10.24
農家さん

谷野ファーム~新しい野菜の開拓~

Maman取材メンバー 干場です。今回は、「谷野ファーム」さんにお邪魔いたしました。浜松西部、大久保に広がるビニールハウス。「朝鮮戦争の際に国の指定を受けて米軍のためのブロッコリーやセ...

画像
2019.09.26
農家さん

【ハピフルとまと】まるたか農園さんの魅力♬

Maman取材メンバー 大場です!虫の音にも深まる秋を感じる9月中旬、浜松市北区都田町にある “まるたか農園” さんへ行ってきました。↑コレ!  ...