Yui Shizuoka

おすすめ情報 news

2022.02.22
農家さん

新鮮で甘みと辛みのバランスが絶妙な「楽農の集いまっすぐ」のエシャレット

静岡県浜松市発祥の野菜「エシャレット」

浜松市の飲食店などで、お酒のお供に食べたことがある人も多いのではないでしょうか。

でも、「おつまみなので家庭ではあまり食べない」「辛みがあるから子どもは食べられないかな」といった声も。

実はこれ誤解です!

浜松市南区のエシャロット生産者「楽農の集いまっすぐ」代表の伊藤崇さんにおいしいエシャロットの食べ方について教えてもらいました。
 

エシャレット発祥の地、静岡県浜松市




エシャレットは、らっきょうを白くやわらかくなるように育て若採りしたもので、生のまま食べられます。

昭和20〜30年頃に栽培が始まり、静岡県浜松市がエシャレット発祥の地とされています。

浜松市の南東部には砂地が広がっており、水はけがよい土を好むエシャレットの栽培にぴったりです。
 

子どももおいしいエシャレットの食べ方




5人のお子さんを子育て中でもある伊藤さんは、「子どもにもエシャレットを食べてほしい」と話します。

それは、大人になったときに「子どもの頃はエシャロットは辛いと思ったけれど、大人になったらこれがおいしい!」という食体験をしてもらいたいからだそうです。

とはいえ、エシャレットは焼くと辛みがなく、ホクホクした食感になり子どもでも食べられると言います。伊藤さんの4歳のお子さんも、エシャレットの天ぷらが大好きだそうです。

また、お味噌汁や焼きそばに入れても食べやすいです。 「生のままだと辛いけれど火を入れたら甘くなる」という経験も、子どもにとってはおもしろい発見になりそうです。
 

大人が喜ぶエシャレットのおつまみレシピ


もちろん、エシャレットはおつまみにもぴったり。大人向けのエシャレットレシピも教えてもらいました。

エシャレットに合うディップは「味噌×マヨネーズ」「マヨネーズ×醤油×うまみ調味料」などです。白い部分を刻んで、めんつゆとかつおぶしと和えるおつまみで晩酌が進みます。
 

エシャレットの緑の葉は食べられる?




エシャレットの緑の葉の部分は食べていいのか迷いませんか?

浜松市出身ではない私はこれまで居酒屋でしかエシャロットに出会ったことがなかったので、葉は食べてはいけないと思い込んでいました。

しかし、伊藤さんは「新鮮なエシャレットの葉はおいしく食べられます」と言います。

エシャレットの葉の食感は「細ネギ以上、ニラ以下」だと理解して料理を作るとわかりやすいです。

例えば、キムチ鍋に入れると煮込み過ぎてしまってもクタっとならずにシャキシャキ感が残っておいしい!炒めてもお味噌汁にいれても合います。

ネギ味噌ならぬ「エシャ味噌」として、エシャレットを丸ごと刻んで味噌と混ぜてもおいしいそうです。
 

エシャレットに魅せられて農業へ




伊藤さんが農業を始めた理由についても聞きました。

飲食店で働いていた伊藤さんは、さまざまな野菜を取り扱う中でエシャレットに魅せられ、2年間イチジク、サトイモ、ミカン農家で働いたあと、師匠からエシャレット栽培を学び、自分で農業を始めました。

「飲食店時代に色々な野菜を触った上でエシャ。変わっているし、僕の師匠が作るエシャレットがとにかくおいしかったから。もっと多くの人にエシャのおいしさを知ってもらいたいです。」
 

新鮮でおいしいエシャレットを届けたい




エシャレットは収穫してすぐは辛みが少なく甘みもあり爽やかな味わいが感じられますが、時間が経過し水分量が減っていくと辛みを強く感じるようになります。

通常エシャレットは、収穫してからスーパーマーケットなどに並ぶまでには5〜6日かかります

伊藤さんは、エシャレットは鮮度と味が影響していると考え、畑で収穫してから24時間以内に個人のお客さん、飲食店、市場の業者などに出荷をしています。

新鮮でおいしく、甘みと辛みのバランスが絶妙なエシャレットをもっと多くの人に食べてもらいたいと話します。
 

おいしいエシャレットを育てるためにしている工夫




新鮮なエシャレットを届けることに加え、おいしいエシャレットを育てるために畑でもさまざまな工夫を重ねています

三ヶ日の完熟牛ふんたい肥を入れ豊かな土を作り
サブソイラーという機械でふかふかの土にして水はけをよくします。
地域のライスセンターで不要になったもみがらを畑に入れて活用し、隙間を作って水はけをよくする工夫も。

また、緑肥という草を育て、畑にすきこんでいい土を作ります
風除けや季節に合わせた害虫対策になります。

エシャレットを栽培しない時期は、畑を休ませて病気を防いでいます

緑肥も畑を休ませる方法も生産者の収入には直結しませんが、いい作物づくり、土づくり、環境づくりのために取り組んでいます

私たちの見えないところでも細かい工夫を重ね、おいしく、地域の環境に負担を極力かけずにエシャレットを作っているのですね。
 

これからも「まっすぐ」



 

「楽農の集いまっすぐ」という農園名は一度聞いたら忘れられません。どのような想いが込められているのでしょうか。

伊藤さんは、「楽農の集い」は従業員をはじめ農業を楽しめる人が集うところでありたいという思いで、
「まっすぐ」はぶれずにクソ真面目にやっていきたいという思いで名付けたそうです。

エシャレット栽培は、収穫作業や皮をむいてきれいにする作業など機械化難しく、手間も時間もかかるため、若い人や後を継ぐ人があまりいないそうです。

このような状況においても、伊藤さんはこれからも楽しく!まっすぐ!エシャレットの魅力を多くの人に伝えていくでしょう。

◆農園プロフィール
農園名:楽農の集いまっすぐ
住所:430-0836静岡県浜松市南区福島町162
電話番号:090-7864-4332

こちらの記事もおすすめ!

画像
2022.03.17
農家さん

畑に森を作る!自然栽培で根深く個性豊かな野菜と暮らすマブチ農園

浜松市西区にあるマブチ農園は、40aの広さの畑で、年間で60〜80種類のさまざまな野菜類を化学農薬、肥料を入れない自然栽培で育てています。20、30年前から、当時日本ではあまり知られて...

画像
2022.02.01
農家さん

味も見た目もおいしい野菜!三方原台地でオーガニックで育てる加藤農園

今回訪問した浜松市北区の三方原台地にある加藤農園は、化学肥料や化学農薬を使わない有機栽培で、年間40品目100種類の多種多様な野菜を育てています。野菜は、個人宅などへ季節の野菜をつめあ...

画像
2022.01.31
農家さん

地域の土を大切に!個性豊かなさつまいもを育てるとつか芋のうえん

とつか芋のうえんは「紅高系(品種名の金時や高系14号と呼ばれることもある)」、「紅はるか」、「からゆたか」の3品種のさつまいもを栽培しています。3つの違う種類のさつまいもを育てる理由は...

画像
2021.05.28
農家さん

日本一の新玉ねぎが浜松で栽培!?  やまたつファーム

浜松市篠原で、日本一の新玉ねぎを栽培しているやまたつファームさんに取材に行ってきました。 「日本一」の理由は、出荷の時期。日本のどこよりも早く、 ...

画像
2021.03.04
農家さん

浜北次郎柿発祥の地 足立農園様

「毎年クオリティの高いものを提供したい」そんな熱い想いをもつ足立農園さん。足立農園さんの栽培している果物は東京などでも大人気!!その秘密はこちらをご覧ください歯...

画像
2021.02.06
農家さん

生でも食べられるプチ小松菜がイチオシ!森島農園

静岡県浜松市東区で日々様々な工夫で新鮮野菜をお届けしている株式会社 森島農園さんに取材に行って参りました。小松菜を小さく育てて生でも食べられるような品種を作ろう!と...

画像
2020.12.28
農家さん

「命のカプセル」うずらの卵で人も土も元気にする!浜名湖ファーム

静岡県湖西市で自然食と無投薬で育てられたうずらの卵を生産している浜名湖ファームさんへ取材に行ってきました。実際に、たくさんのうずら達とも触れ合ってきましたよ。 ...

画像
2020.12.24
農家さん

大きくて肉厚ぷりっぷり!こだわりのきくらげ栽培 有限会社静岡ラボ

湖西市白須賀で安心安全の国産無農薬きくらげを栽培している有限会社静岡ラボさんに取材に行ってきました。実際に、栽培しているところを見せていただきながら、営業部...

画像
2020.10.09
農家さん

無農薬のお米を子ども達に!人も自然も豊かにする日月喜農園

人にも、自然にも一番優しい無農薬・無化学肥料で作られた食べ物。実際に無農薬のお米を作られている日月喜(ひつき)農園さんに取材に行ってきました。今回は、先代のお父...

画像
2020.10.06
農家さん

肉厚・無農薬のしいたけ農家をスタート!ラフタぷらす就労継続支援A型事業所

浜松市西区舞阪町にあるしいたけ農家・ラフタぷらすさんに取材に行ってきました。就労継続支援A型事業所でもあるラフタぷらすさんを支える森下勝美社長、奥様の起業ストー...

画像
2020.03.11
農家さん

「ひらまつさんちの元気が出る野菜!」耕青ファームの熱い思い。

Maman取材メンバー、次廣です。今回は、浜松市西区大久保町にある「耕青ファーム」さんにお邪魔させていただきました♪こちらでは、チンゲン菜・ほうれん草に加えて、スティックセニョール...

画像
2019.11.22
農家さん

ヤママツ鈴木農園・鈴木成典さん~”記憶に残る野菜”を作るプロフェッショナル ~

ーーー「例えば、レストランとかに行って。    今日何食べたか?    家に帰って、    『あれ美味しかったね』    って言われるような、    記憶に残る野菜を作りたい」ーー...

画像
2019.11.19
農家さん

愛情たっぷりの玉ねぎ  山下農園

地元「浜松」を愛する玉ねぎ農家さんを発見!Maman取材メンバー 大場です!秋が深まり、冬に移る気配を感じる11月中旬、浜松市西区にある “山下農園” さんへ行...

画像
2019.11.13
農家さん

ささ農園・佐々和弘さん~美味しさギュッと詰まったミカン!、失敗を恐れず流れを見定めていく~

ーーー親から受け継いだもの、   自分の代ではなくせない。   お金を稼ぐのは楽しい、   不動産の方が儲かる。   けれど、儲からなくても、   ミカンを作っている方が楽...

画像
2019.10.24
農家さん

谷野ファーム~新しい野菜の開拓~

Maman取材メンバー 干場です。今回は、「谷野ファーム」さんにお邪魔いたしました。浜松西部、大久保に広がるビニールハウス。「朝鮮戦争の際に国の指定を受けて米軍のためのブロッコリーやセ...

画像
2019.09.26
農家さん

【ハピフルとまと】まるたか農園さんの魅力♬

Maman取材メンバー 大場です!虫の音にも深まる秋を感じる9月中旬、浜松市北区都田町にある “まるたか農園” さんへ行ってきました。↑コレ!  ...