Yui Shizuoka

おすすめ情報 news

2022.06.20
農家さん

古民家でマイクロハーブを育て資源を循環させるMzFarm―縁結農園―



浜松市浜北区都田。山と川に囲まれた築100年の古民家で、マイクロハーブを育てる「MzFarm―縁結農園―」を訪問しました。

香りも味もギュッと濃縮。マイクロハーブとは


マイクロハーブとは、ハーブや野菜の種をまき、芽が出てから2週間くらいで収穫するかなり小さいハーブです。

一つの種類だけで食べたり、何種類か混ぜたりして楽しめます。

小さいながらもギュッと濃縮された香りや味が楽しめ、味や色が個性的でなのでいつもの食事に加えるだけで食卓が華やかになります。



私はオランダに住んでいたことがあり、マイクロハーブ(マイクログリーンと呼ばれています)や
食べられるお花のエディブルフラワーなどは比較的身近な存在でした。



いつものサラダの上にマイクロハーブをパラパラとかけたり、
お肉に添えるだけで味のアクセントになります。
スープやスムージーの上に散らしてもおしゃれな気分を楽しめます。



マイクロハーブは小さいながらも香りも味もしっかりしているので、
ピリッと刺激的な種類のものをお刺身の薬味などにも使っていました。

浜松市でマイクロハーブを買いたい場合は?



そんなおしゃれで万能なマイクロハーブをMzFarmの直売所で購入できるそうです。

なかなか見つけられないマイクロハーブを浜松で買えるとはラッキー!



直売所情報

日時:毎週日曜日 8:30〜12:00
場所:浜松市北区都田町10571(白きつね親水広場の駐車場利用可)
Instagramで開店状況やイベント情報などをご確認ください。

浜松市内で週末に小旅行気分を味わえる




MzFarmの農園・直売所は、築100年の古民家でとっても素敵です。



白きつね親水広場の駐車場に車をとめて竹やぶを見て、
川のせせらぎを聞きながら少し坂を登ると、古民家が現れます。

中には和洋折衷素敵のお部屋があり
その一室でマイクロハーブを育てています。



さらに二階には、広々とした空間でハーブがのびのびと育てられています。



かつて養蚕業をしていた名残の機械や、種殻を吹き飛ばすための古い機械などもあり非日常の空間が味わえます。



白きつね親水広場には、小川もあり、川沿いの散歩も楽しめます。

日曜日の朝にサンドイッチを作って家族で直売所に出かけ、
購入したマイクロハーブを添えて、自然の中で食べても楽しそうです。
浜松市内で小旅行気分を味わえそう!

浜松産マイクロハーブができるまで




もともと香り好きだったと言うMzFarmの松本良介さんは、大学・大学院で植物を使って虫を殺す研究をしていたそうです。

研究しているうちに「植物に関わる職」に興味を持ち、在学中に旅に出ます。

偶然、旅の途中でベビーリーフ生産者と出会ったことがきっかけで2020年の元旦に開業し、
浜松市で耕作放棄地を借りてベビーリーフ作りを試みました。

しかし、いくら土壌改良をしても土がかたい!
かんがい設備(水)がない!
などの理由で栽培が困難で、ほかの作物も探しはじめます。

模索するうちに、古民家の中で育てるマイクロハーブ栽培を見つけました。
現在は浜松産のマイクロハーブを育て、約40軒の飲食店などに販売しています。

また、土がかたい畑も土壌改良も続け
ハーブや野菜類の栽培もしています。


農園のキーワードは「循環」


農業をする中で、松本さんは「循環していることが気持ちいい」と話します。
その言葉通り、農園の中にはさまざまな細かい「循環する工夫」が取り入れられています。


自家製コンポスト





コンポストとは堆肥のことです。
家庭から出る生ゴミや落ち葉などの有機物を発酵させて作ります。

MzFarmの場合は、

マイクロハーブで使った土
地域で出たコーヒーかす
廃菌床
酒かす

などを混ぜて発酵させた自家製コンポストを作って、畑に入れて戻しています。


竹でガーデンづくり




もともと古民家の周りの竹林は放置されていました。
松本さんは、訪問者に川を見てもらいたいとの思いから周りの竹やぶを整備しました。

切り出した竹は「もったいない」ので、野菜を少し栽培するための
小さなエディブルガーデンをつくるために再利用しました。
 

ハーブも野菜も根まで食べる




マイクロハーブも野菜も根まで香りや風味が楽しめると言います。

「捨ててしまうのはもったいない」と、
飲食店などに販売するときも「根まで食べられること」を伝えています。

今後は、飲食店をはじめて野菜やハーブの使える部分を全て使い、
それでも出た生ゴミはコンポストを作って再利用するなどの
閉鎖型の循環システムを作りたいとの構想もあるそうです。

「自分たちにとってそれが気持ちいい」と話す松本さん。

素敵な古民家でおいしいマイクロハーブを食べながら、
地域のことを考えられた楽しい時間でした。

◆農園プロフィール
農園名:Mz Farm―縁結農園―
住所:431-2102浜松市北区都田町10571
Instagram:Mz Farm―縁結農園―

こちらの記事もおすすめ!

画像
2022.05.31
農家さん

浜松産ハーブ苗を育てるサンクスグリーンに聞く!ハーブ栽培のポイント

浜松市浜北区にあるサンクスグリーンは、露地とハウスで年間160品種のさまざまなハーブ苗を育てています。そのほか野菜苗や切り花や変わった野菜なども栽培しています。ハーブを追究し続けて...

画像
2022.03.17
農家さん

畑に森を作る!自然栽培で根深く個性豊かな野菜と暮らすマブチ農園

浜松市西区にあるマブチ農園は、40aの広さの畑で、年間で60〜80種類のさまざまな野菜類を化学農薬、肥料を入れない自然栽培で育てています。20、30年前から、当時日本ではあまり知られて...

画像
2022.02.22
農家さん

新鮮で甘みと辛みのバランスが絶妙な「楽農の集いまっすぐ」のエシャレット

静岡県浜松市発祥の野菜「エシャレット」 浜松市の飲食店などで、お酒のお供に食べたことがある人も多いのではないでしょうか。でも、「おつまみなので家庭ではあまり食べない」「辛みがあるから子...

画像
2022.02.01
農家さん

味も見た目もおいしい野菜!三方原台地でオーガニックで育てる加藤農園

今回訪問した浜松市北区の三方原台地にある加藤農園は、化学肥料や化学農薬を使わない有機栽培で、年間40品目100種類の多種多様な野菜を育てています。野菜は、個人宅などへ季節の野菜をつめあ...

画像
2022.01.31
農家さん

地域の土を大切に!個性豊かなさつまいもを育てるとつか芋のうえん

とつか芋のうえんは「紅高系(品種名の金時や高系14号と呼ばれることもある)」、「紅はるか」、「からゆたか」の3品種のさつまいもを栽培しています。3つの違う種類のさつまいもを育てる理由は...

画像
2021.05.28
農家さん

日本一の新玉ねぎが浜松で栽培!?  やまたつファーム

浜松市篠原で、日本一の新玉ねぎを栽培しているやまたつファームさんに取材に行ってきました。 「日本一」の理由は、出荷の時期。日本のどこよりも早く、 ...

画像
2021.03.04
農家さん

浜北次郎柿発祥の地 足立農園様

「毎年クオリティの高いものを提供したい」そんな熱い想いをもつ足立農園さん。足立農園さんの栽培している果物は東京などでも大人気!!その秘密はこちらをご覧ください歯...

画像
2021.02.06
農家さん

生でも食べられるプチ小松菜がイチオシ!森島農園

静岡県浜松市東区で日々様々な工夫で新鮮野菜をお届けしている株式会社 森島農園さんに取材に行って参りました。小松菜を小さく育てて生でも食べられるような品種を作ろう!と...

画像
2020.12.28
農家さん

「命のカプセル」うずらの卵で人も土も元気にする!浜名湖ファーム

静岡県湖西市で自然食と無投薬で育てられたうずらの卵を生産している浜名湖ファームさんへ取材に行ってきました。実際に、たくさんのうずら達とも触れ合ってきましたよ。 ...

画像
2020.12.24
農家さん

大きくて肉厚ぷりっぷり!こだわりのきくらげ栽培 有限会社静岡ラボ

湖西市白須賀で安心安全の国産無農薬きくらげを栽培している有限会社静岡ラボさんに取材に行ってきました。実際に、栽培しているところを見せていただきながら、営業部...

画像
2020.10.09
農家さん

無農薬のお米を子ども達に!人も自然も豊かにする日月喜農園

人にも、自然にも一番優しい無農薬・無化学肥料で作られた食べ物。実際に無農薬のお米を作られている日月喜(ひつき)農園さんに取材に行ってきました。今回は、先代のお父...

画像
2020.10.06
農家さん

肉厚・無農薬のしいたけ農家をスタート!ラフタぷらす就労継続支援A型事業所

浜松市西区舞阪町にあるしいたけ農家・ラフタぷらすさんに取材に行ってきました。就労継続支援A型事業所でもあるラフタぷらすさんを支える森下勝美社長、奥様の起業ストー...

画像
2020.03.11
農家さん

「ひらまつさんちの元気が出る野菜!」耕青ファームの熱い思い。

Maman取材メンバー、次廣です。今回は、浜松市西区大久保町にある「耕青ファーム」さんにお邪魔させていただきました♪こちらでは、チンゲン菜・ほうれん草に加えて、スティックセニョール...

画像
2019.11.22
農家さん

ヤママツ鈴木農園・鈴木成典さん~”記憶に残る野菜”を作るプロフェッショナル ~

ーーー「例えば、レストランとかに行って。    今日何食べたか?    家に帰って、    『あれ美味しかったね』    って言われるような、    記憶に残る野菜を作りたい」ーー...

画像
2019.11.19
農家さん

愛情たっぷりの玉ねぎ  山下農園

地元「浜松」を愛する玉ねぎ農家さんを発見!Maman取材メンバー 大場です!秋が深まり、冬に移る気配を感じる11月中旬、浜松市西区にある “山下農園” さんへ行...

画像
2019.11.13
農家さん

ささ農園・佐々和弘さん~美味しさギュッと詰まったミカン!、失敗を恐れず流れを見定めていく~

ーーー親から受け継いだもの、   自分の代ではなくせない。   お金を稼ぐのは楽しい、   不動産の方が儲かる。   けれど、儲からなくても、   ミカンを作っている方が楽...

画像
2019.10.24
農家さん

谷野ファーム~新しい野菜の開拓~

Maman取材メンバー 干場です。今回は、「谷野ファーム」さんにお邪魔いたしました。浜松西部、大久保に広がるビニールハウス。「朝鮮戦争の際に国の指定を受けて米軍のためのブロッコリーやセ...

画像
2019.09.26
農家さん

【ハピフルとまと】まるたか農園さんの魅力♬

Maman取材メンバー 大場です!虫の音にも深まる秋を感じる9月中旬、浜松市北区都田町にある “まるたか農園” さんへ行ってきました。↑コレ!  ...